SHR脱毛の副作用について安全なのか?リスクや危険について!

目次 []

 

SHR脱毛の副作用はどうなの?病気のリスクは?

SHR脱毛の副作用って脱毛効果くらい、いやそれ以上に気になりませんか。

 

SHR脱毛の副作用はどうなの?

 

ムダ毛が無くなってキレイになっても、
さすがに副作用で余命宣告でもされたらきついですよね。

 

 

では、こんな不安を払拭するために、副作用のリスクについて説明しましょう。

 

 

まず、副作用として、「皮膚がんのリスクがあるかも。
と考えてしまう方は結構いるようです。

 

 

こういう方は太陽の紫外線と、SHR脱毛の副作用の少ない赤外線を勘違いしているのかも知れませんね。

 

 

副作用で皮膚がんになる事は無いだろうと言えるのは、次のような特徴からです。

 

 

・弱いエネルギーを使用する

 

・照射温度が50〜60℃で今までの光脱毛よりも低め

 

・皮膚表面から5o以内の深さまでしかダメージが及ばない

 

 

刺激が少ない上に内臓まで届かない光を使うので、
副作用で皮膚がんや内臓の病気にはならないと考えて良いでしょう。

 

SHR脱毛の副作用について肌トラブルのリスクは?

SHR脱毛の副作用で病気のリスクがないと分かったら、今度は肌トラブルのリスクですよね。

 

SHR脱毛の副作用について肌トラブルのリスクは?

 

実は、脱毛によるトラブルは、約5年にして950件以上と言われています。

 

 

中でも特に多いトラブルが火傷で、SHR脱毛の副作用も心配になりますよね。

 

 

ただ、照射温度が低いSHR脱毛の副作用で、火傷を起こす確率は少ないです。

 

 

副作用で、日焼け・ほくろ・あざなどへの照射による火傷のリスクも少ないです。

 

 

メラニン色素に反応する光ではなく、毛包にダメージを与える光を使用しているからです。

 

 

こんなSHR脱毛でも副作用で、肌が乾燥して痒みを伴うケースがあります。

 

 

副作用に体を壊したり、大きな肌トラブルを引き起こしたりするものはありません。

 

 

それでも副作用が心配な場合は、納得が行くまでサロンのスタッフに確かめた方が安心です。

 

SHR脱毛の副作用のリスクを最小限に抑える対策法!

SHR脱毛は副作用がないからと言って、油断は禁物です。

 

SHR脱毛の副作用のリスクを最小限に抑える対策法!

 

注意事項をきちんと守っていなければ、安全性の高いSHR脱毛でも副作用を起こす危険性があります。

 

 

・自己処理は最小限にして肌を刺激しない

 

・保湿ケアや日焼け対策を徹底する

 

・施術の3日後くらいまでは温泉やプールなどは控える

 

 

副作用として、炎症・痒み・毛嚢炎などのリスクは少なくてもゼロではありません。

 

 

副作用の中でも炎症は肌を刺激した時に、
痒みは肌が乾燥した時に、毛嚢炎は不衛生にしている時に起こりえます。

 

 

これらは体を壊すほどの大きなトラブルと言う訳ではないのですが、
脱毛後に副作用が起こらないのが一番です。

 

 

それでも副作用が心配な場合は、
万一に備えてドクターサポート付きのサロンを選ぶのもお勧めです。

 

SHR脱毛は熱い?やけどのリスクはどうなの?

SHR脱毛は熱い?やけどの危険性はない?など、安全面の疑問は調べずにはいられませんよね。

 

SHR脱毛は熱い?

 

熱いとかやけどの問題の前に、今までの脱毛で4人に1人がトラブルを経験済みなのだとか。

 

 

ちなみに、この中にSHR脱毛の熱いとかやけどの報告はありませんでした。

 

 

そもそも、熱いとかやけどのリスクが少ないのは、主に次のような理由からです。

 

 

・照射温度が50℃前後で低い(光脱毛は70℃前後、医療レーザーは200℃くらい)

 

・連続的に弱い光を当てる(今までの脱毛は一気に強い光を当てる)

 

・今までの脱毛よりも浅い場所にダメージを与える

 

 

SHR脱毛は熱いとかやけどの可能性が低い仕組みで、
ムダ毛を処理できるようになっているのです。

 

 

しかも、メラニン色素も関係なく脱毛できるので、
SHR脱毛の熱いとかやけどはほくろ・シミなどに起こる場合もありません。

 

やけどのリスクを減らす対策法!

SHR脱毛でも熱いとかやけどが心配な場合は、できるだけの対策をして脱毛に臨んでください。

 

やけどのリスクを減らす対策法!

 

まずS熱いとかやけどのリスクを減らすには、注意事項を守る必要があります。

 

 

熱いとかやけどのリスクが少ないからと言って、油断は禁物ですよ。

 

・体調が優れない時の脱毛は避ける

 

・脱毛期間中は肌を刺激しない(ゴシゴシ洗い・強い日焼け・ピーリングなどはNG)

 

・脱毛当日は入浴やサウナは避ける

 

 

SHR脱毛で熱いとかやけどのリスクを回避するために、脱毛サロンでこのような注意事項を言われます。

 

 

脱毛サロンによって注意事項が異なる場合もあるので、最低でも一通りは読んでおいてくださいね。

 

 

それから、熱いとかやけどのリスクを避けるためには、肌を良い状態にしておく事も大切です。

 

 

肌の良い状態と言うのは、潤いと柔軟性があってトラブルに強い肌です。
このような肌であれば、SHR脱毛で熱いとかやけどは起こりにくいでしょう。

 

 

・乾燥が気になる時はこまめに保湿ケアをする

 

・紫外線対策を念入りにして肌へのダメージを予防する

 

 

スキンケアでは保湿ケアと紫外線対策を徹底すれば、SHR脱毛で熱いとかやけどの起こりにくい肌になれます。

 

 

また、熱いとかやけどは、自身の対策だけで確実に防げるものではありません。

 

 

万一SHR脱毛で熱いとかやけどが起こった時に備えて、医療機関と提携している脱毛サロンを選択するのも安心ですよ。

 

 

SHR脱毛って痛い?ほぼ無痛って本当?

SHR脱毛は痛いなんて言う口コミは、ほとんどないですよね。

 

SHR脱毛って痛い?

 

「SHR脱毛は痛いとまで行かない。我慢できる程度だから大丈夫。」の間違いでは?

 

 

そう思ってSHR脱毛が痛いのか、本当に無痛なのか徹底調査してみました。

 

 

まず、痛いのかを判断する重要なポイントが、脱毛の仕組みです。

 

 

SHR脱毛で痛いと言う人が少ないのは、低温で弱い光を連続的に照射する脱毛方法にあるのでしょう。

 

 

「高温で強い光を一気に照射する」今までの脱毛方法と比較すると、だいぶ肌へのダメージは抑えられるはずです。

 

 

なので、SHR脱毛に痛いコメントは少なく、「ほんのり温かさを感じる程度」「ほぼ無痛」と表現する人が多いです。

 

 

始めて脱毛を受ける方でも、SHR脱毛を痛いと感じる方は少ないです。

 

 

医療脱毛や従来の光脱毛を受けた経験のある方なら、余計で痛いと言うコメントはしないでしょうね。

 

どの部分でも無痛なの?

SHR脱毛が痛いのか、部位によって感じ方に差があるのでは?なんて思いませんか。

 

どの部分でも無痛なの?

 

実はSHR脱毛が痛いと言う方が少ない中でも、「多少は部位で違いがあるかも!」と感じる方もいるようです。

 

 

SHR脱毛が痛いとしたら、次のような部分でしょう。

 

・太くて硬い毛が多い

 

・皮膚が薄い

 

・骨に近い

 

 

このように考えると顔・首・わき・VIO・指先などは、SHR脱毛でも痛いと感じるかも知れません。

 

 

いや、痛いと言うよりも、「他の場所以上に温かさを感じる。」と言った方が正しいでしょうね。

 

 

また、体調を崩していたり、肌が乾燥していたりすると、SHR脱毛でも痛いと感じる可能性があります。

 

 

痛いのが心配であれば、脱毛前日からしっかり休んで疲れをリセットしておきましょう。

 

念入りに保
湿ケアをして肌を強くしておくのも、SHR脱毛で痛いのを対策するのに効果的です。

 

 

SHR脱毛は黒ずみやシミの原因になるって本当?

SHR脱毛が黒ずみやシミの原因になるなんて、よく聞きますよね。

 

SHR脱毛は黒ずみやシミの原因になるって本当?

 

従来の脱毛よりも弱い光を使用した、
SHR脱毛でも黒ずみやシミの原因になるのか気になりませんか。

 

 

確かに現時点では、黒ずみやシミができたと言う情報はありませんでした。

 

 

でも、脱毛は少なからず肌に刺激が加わるので、
SHR脱毛も黒ずみやシミになる可能性がゼロではありません。

 

 

黒ずみやシミができる場合も、肌のダメージによるメラニン色素の過剰生成が原因です。

 

 

本来メラニン色素は肌をダメージから守るためのもので、
ダメージが重なるほど多く作られます。

 

 

SHR脱毛で黒ずみやシミができるとしたら、
脱毛以外の刺激も関係しているのかも知れませんね。

 

 

脱毛前後に酷い日焼けをしていたり、肌をゴシゴシ洗いしていたり、
衣服による摩擦刺激が多かったり。

 

 

このような場合は肌が相当ダメージを受けているので、黒ずみやシミができる可能性も十分に考えられます。

 

 

ただ、従来の脱毛よりも弱い分、SHR脱毛は黒ずみやシミができにくいのは確かです。

 

黒ずみやシミを作らないための対策法!

SHR脱毛で黒ずみやシミを作りたくないと言う方は、できるだけの対策を徹底しましょう。

 

黒ずみやシミを作らないための対策法!

 

SHR脱毛で黒ずみやシミを作らないためには、肌への刺激を最小限に抑える事です。

 

・ムダ毛の自己処理

 

・入浴中のゴシゴシ洗い

 

・衣類による摩擦

 

・日焼け

 

・肌の乾燥

 

 

このような刺激はメラニン色素を増やして、SHR脱毛で黒ずみやシミを作る原因になります。

 

 

まず、黒ずみやシミを予防するためには、ムダ毛は肌に優しい電気シェーバーを使いましょう。

 

 

入浴中のゴシゴシ洗いもSHR脱毛での黒ずみやシミの原因になるので、
柔らか素材のタオルで優しく洗いましょう。

 

 

それから、黒ずみやシミの原因として見落としやすいのが、衣類による摩擦刺激です。

 

 

キュッとした衣類や硬い素材の衣類は避けて、
ゆったりした柔らか素材の衣類にするのが良いでしょう。

 

 

また、日焼けや肌の乾燥は、もっとも黒ずみやシミの原因になりやすいです。

 

 

脱毛中は紫外線対策グッズや日焼け止めクリーム、
保湿化粧品を使って、しっかり紫外線対策と保湿ケアをしましょう。

 

 

元々メラニン色素ができやすい体質の方は、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化成分を摂るのも、
SHR脱毛での黒ずみやシミの対策に効果的です。

 

 

SHR脱毛でかゆみは出るって本当?かゆみの原因は?

SHR脱毛でかゆみが出る可能性は、今までの光脱毛に比べるとずっと少ないです。

 

SHR脱毛でかゆみは出るって本当?

 

それでもかゆみが出る可能性は、全く無い訳ではありません。

 

 

かゆみが出るのは、少なからず肌にダメージがあるからです。

 

 

「かゆみがある=肌にダメージがある」と言うのは、
かゆみが続く間は肌のダメージが完治していないと言えます。

 

 

それで、かゆみが出る人には、主に次のような特徴を持った人が多いです。

 

・肌が弱い

 

・敏感肌

 

・乾燥肌

 

 

生理前後や体調不良の場合も肌のバランスが崩れていて、SHR脱毛でかゆみが出やすいので注意が必要です。

 

 

かゆみが出るとしたら、ほとんどの場合は3日以内で治まります。

 

 

万一4日以上もかゆみが続く場合は、脱毛サロンに相談してみた方が安心です。

 

かゆみの予防対策としてできる事

SHR脱毛はかゆみ対策になるのですが、脱毛そのものが少なからず肌に刺激を与えています。

 

かゆみの予防対策としてできること

 

なので、かゆみを予防するために、脱毛当日は次のような対策を心掛けましょう。

 

 

・入浴や温泉は控えてシャワーのみにする

 

・飲酒やハードな運動は避ける

 

・ゴシゴシ洗ったり擦ったりしない

 

 

血行を良くしすぎないようにして肌への刺激を最小限に抑えれば、かゆみは防ぎやすくなります。

 

 

もし既にSHR脱毛でかゆみを起こしているなら、
水で濡らしたタオルで冷やすのも効果的です。

 

 

但し、保冷剤・氷・冷えピタなどの極端に冷たいものは、
かえって肌を刺激してSHR脱毛のかゆみを悪化させる可能性があります。

 

 

適度な冷たさの目安として、最初にビックリするほどの冷たさのものは避けた方が良いです。

 

 

それから、かゆみを予防するためには次のような事を心掛けましょう。

 

 

・保湿ケアを徹底して肌を乾燥させない

 

・紫外線対策を徹底して日焼けをしない

 

 

SHR脱毛のかゆみに限らず、肌トラブルは大抵は肌の乾燥が関係しています。

 

 

乾燥肌を自覚している方なら、「やり過ぎないか?」くらいこまめに保湿ケアをしても良いでしょう。

 

 

かゆみを予防するための紫外線対策は、できれば衣類や日傘を上手に活用するのがお勧めです。

 

 

日焼け止めは衣類や日傘でカバーできない部分だけにしておくと、
肌への刺激を最小限に紫外線対策ができますよ。

 

 

SHR脱毛は安全か危険か?結局の所どっちなの?

SHR脱毛は安全か危険か?良い情報もあれば、悪い情報もあってどっちを信用したら良いのやら。

 

SHR脱毛は安全か危険か?

 

まず安全か危険かは、副作用をチェックすると分かりやすいですよね。

 

 

安全か危険かで、ポイントとなるのが脱毛の仕組みです。

 

 

・弱いエネルギー

 

・低温照射(50℃くらい)

 

・浅い部分の照射

 

 

この3原則だけでも副作用のリスクが少ない事が分かるでしょうし、SHR脱毛が安全か危険かは一目瞭然。

 

 

浅い部分の照射なら内臓にダメージは及ばないので、
脱毛後に内臓疾患にかかるケースはほとんどないでしょう。

 

 

それから、安全か危険かは、痛みや火傷の有無でもはっきりします。

 

 

先に挙げた3原則からすると、ここでもSHR脱毛が安全か危険かはすぐに分かるでしょう。

 

 

安全か危険かは、「ほんのり温かさを感じる程度」「ほぼ無痛」と言う多数のコメントが答えです。

 

 

なので、今までの光脱毛よりも、だいぶ安心して施術が受けられますよ。

 

トラブルを未然に防ぐ対策法!

SHR脱毛が安全か危険か?ばかりを考えても、トラブルは脱毛だけが引き起こすものではありません。

 

トラブルを未然に防ぐ対策法!

 

自分自身の心掛け次第で、SHR脱毛が安全か危険かが決まる場合もあるのです。

 

 

極端な話、注意事項を全く無視して施術を受けたら、SHR脱毛が安全か危険かは何となく分かるでしょう。

 

 

SHR脱毛が安全か危険か、良い脱毛にするためには注意事項を守るのが前提です。

 

 

それから、安全か危険かには、肌や体の調子も大きく関係しています。

 

 

乾燥肌・トラブル肌・体調不良は痛みや火傷とまで行かなくても、黒ずみやシミやかゆみなどの原因になりえます。

 

 

安全か危険かは、次のような対策ができると良い脱毛になる可能性大です。

 

・保湿ケアをこまめにする

 

・紫外線対策をしっかり行う

 

・肌に刺激を与えない(洗いや衣服の刺激に要注意!)

 

 

また、安全か危険かの前に医療機関と提携していてドクターサポート付きの脱毛サロンを選ぶ事も大切です。

 

 

万一に備えて責任の取り方をオープンにしている脱毛サロンなら、
安全性には十分に配慮してくれるはずですから。